世界一てきとーに投資するブログ

投資をいい加減な気持ちでやっていきます。その記録です。

ざっくりと仮想通貨(暗号通貨)を理解する

ざっくり解説です。クリプタンからのご指摘待っております。

 

 まず大元にブロックチェーン技術というのがあります。日本語で分散型台帳技術といいます。

 

t.co

 

 ブロックチェーン=分散型台帳と定義します。
 今まで通貨の取引というのは銀行という大きなところで取引情報をまとめて管理していました。ブロックチェーンはその取引情報を不特定多数に保存し、しかもそのデータの整合性が取れるという技術です。
 

 銀行を一々通さなくてもよいので、もっと自由にお金のやり取りができるのではないか!ということでビットコインという通貨が生まれました。
 

 銀行という中央組織で通貨発行や取引情報などを一括管理しない。これを非中央集権と言います。

 非中央集権の思想であるビットコインがどうやって通貨を発行するかというとPCのGPU*1を使って取引情報の計算を行います。取引には暗号技術が使われます。暗号技術を使って発行された通貨なので『暗号通貨』と呼びます。『仮想通貨』という名称はメディアが広めた言葉なのです。


 取引情報の計算をPCのGPUを使って行って、その報酬として通貨をもらうことをマイニングといいます。これが通貨の担保となり、ビットコイン(PoW形式の通貨)のPCの機能を活かし電気を食うのでビットコインの価値は電気と言われています。

 

 PoW(Proof of Work)というのはこのように取引情報のマイニングを行う通貨の発行形式です。他にもPoS(Proof of Stake)やPoI(Proof of Importance)やPoC(Proof of Consensus)という通貨の発行形式があります。PoW以降の通貨発行形式はそれぞれPoWという通貨発行形式の発展形、また問題部分の解決を目指した発行形式となります。例えばPoW形式の電気を無駄に食うのは問題ではないか?マイナー優位なのでは?とか考えて出てきたのがPoSです。


 PoWはBTC、BCH、LTC、MONAなどがあります。ETHもPoWなのですが、PoSに移行するようです(いつかはしらん)。なので今後はPoSの時代、真価が問われるのでは?と一部で言われています。

 

 なおこれらの通貨発行形式にはそれぞれメリットとデメリットがあります。調べるとより深い知識を得られるのでお勧めします。*2

 

アフター・ビットコイン―仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者―

 

 

*1:CPUでマイニングできる通貨もある

*2:本当は本読んだ方が早いし、やってみるのが一番早い